永代供養墓にも色々なタイプがある

最近では無縁社会と言われることも多く、自分の死後に墓を守ってくれる人がいない場合も多くなってきています。

また、高価なお墓を買うのも意味がないと考える人や、残された親族や遺族に迷惑をかけたくないと思う人もだんだんと増えてきました。

そこで永代供養を望まれる方も徐々に増えてきています。

永代供養とは故人の死後、親族などがお墓を守っていくのではなく、お寺に管理やお参りを任せる方法です。


当然お墓参りを行うこともできますが、遠方でなかなか来られず、お墓の維持管理が難しい方、お墓を守り引き継ぐ親族がいない方は、特にこの方法をとるようになってきました。

NAVERまとめの情報を掲載しませんか。

永代供養墓はざまざまなタイプのものがあります。



都心部などでは慢性的に土地が不足しているので、ロッカー式や棚式のものが多くあります。
ビルの中で管理されているので、掃除などが必要なく管理が簡単です。

年間の維持費も安く済ませることができますし、お墓参りにきた方が、天気の心配をする必要もありません。

他の永代供養墓ではお堂内に建てるタイプもあります。

お堂の中なら天気の心配がなく、掃除も簡単で維持管理がしやすいです。

また、ロッカー式や棚式と違い、従来のお墓を建てることもでき、棚やロッカーでは味気ないと思う方には人気でです。

永代供養墓の最新情報を掲載しました。

最近徐々に人気が出てきている永代供養墓のタイプでは樹木を利用したものもあります。

自然葬の一種で、地面に散骨したあと木を植えて墓標の代わりにするものです。
文字通り自然に帰れるのと、お墓のような管理も必要なく費用も安く済むので、利用される方が増えています。