お墓を持たなくてもいい海洋葬

海が大好きな人ならば、亡くなった後に海洋葬をするという手があります。

火葬をした後の遺灰をお墓に入れるのではなく、海にまく方法です。法律では散骨方法について規定したり禁止されている事項はありません。よって、正式な手続きなどは必要ありません。
しかし、トラブルを避けるためにも念のための自治体にまいていいかどうか確認することは必要です。自分の持っている土地へまく場合はわざわざ許可など必要ありませんが、もし他人が所有している場所などにまくとトラブルが生じる可能性があります。



また、噂を聞きつけてそこで散骨をする人が後を絶たない状態になると、風評被害が出ることも考えられます。
あそこで獲れる魚はよくないなどといった根拠のないうわさが飛び交ってしまいます。

よくよく考慮したうえでまくようにしてください。

もし今あるお墓から遺骨を取り出して海洋葬をしたいということであれば、手続きが必要な場合もあります。

埼玉の海洋葬情報なら、こちらをご参考にしてください。

必ず区市町村に確認して必要な手続きを行ってください。

Weblio辞書の評判が高いです。

海洋葬をすると後に残るものがなくなります。

業者に頼むと証明書を発行してれたり、メモリアルとして海にまく様子をビデオに残してくれるところもあります。

なにか残したいのであれば、こうしたサービスを利用してください。

海洋散骨の場合は船に乗るので、海に出ても大丈夫な服装で行かなければなりません。

普段着でも大丈夫ですが、ヒールといったバランスの取れにくい靴でいくのはやめておきましょう。