自然葬についての基礎知識

自然葬は、お墓ではなしに海もしくは山等に遺体または遺灰を、自然の中に返していく葬送の手段です。

今までの墓石に、遺骨を納める手法では無く、遺骨をダイレクトに大自然に還したり、木などを墓標と考えるものを意味します。



このところ目立つようになってきている葬送の手段で、大自然へ戻りたいという想いが、広がりを見せているほか、墓の管理運営が継続できなくなっているというバックグラウンドも見受けられます。

Weblio辞書なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

自然葬の手法はいろいろあり、細部にわたって砕いた遺骨を、海上で撒く散骨もしくは骨壺や遺骨を土に混ぜ合わせて樹木などを、植える樹木葬といった手段が存在します。



これらの自然葬のアドバンテージとしては、墓地を承継する手間がなく木等は、原則として霊園もしくは墓地サイドが管理下に置くため、永代供養と一緒のようなもので管理に問題がなく、墓石に比べるとトータルコストが少なくできるなどがあります。


これ以外に墓石を要しないため、自然の環境に負担を強いないなどもあります。課題としては、埋葬した後に遺骨を取り上げることが不可能、そして新たな埋葬の手法のためご親族に賛同を得られない可能性があり、前もって説明を加えていなければ親類間で面倒なこととなってしまうと考えられます。


また、埋葬を行なうためには法的に許可されたエリアで埋葬しないといけないことを認識しなければなりません。

それに加えて、埋葬の時には埋葬許可書が必要不可欠です。