永代供養で使われるお墓の種類

永代供養とは、本来お墓参りをしたりお墓を管理したりする人に代わり、お寺や霊園が永代に渡って供養と管理を行うことを言います。一般的な先祖代々のお墓は、亡くなった人の家族が墓を参り管理しますが、近年の核家族化、少子高齢化に伴い、墓を継承する子孫がいなかったり、遠方に住んでいて定期的な管理ができないと言ったケースが増えています。
また、身内に迷惑をかけたくないと言うニーズも増えており、永代供養は現在増えている供養形態です。

永代供養墓は、普通の墓とは違いいろいろなタイプがあります。

まず屋外施設型は、お墓や塔が外から直接見えるタイプのものを言います。

大きめの石材で作られた納骨壇型や、塔の地下にお骨を安置する納骨塔型、前方後円型に作られた墳陵型などがあります。



これとは対照的に、外からお墓が見えないものを屋内施設型と言います。


上段に仏壇、下段に骨壺を安置するものを霊廟型といい、ロッカー型の棚にお骨を安置するものを室内ロッカー型と言います。

あなたに合った条件の埼玉の永代供養の情報が必ずあります。

そして最後に、普通のお墓と同じように墓石の下で一定期間供養したあと、合祀する墓石型があります。

All Aboutの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

合祀とは、他の人のお骨と併せて供養することを言います。
この場合は、お墓の形は一般のお墓とさほど変わらず大きな違いはありませんが、他の方と共同で一つの場所に安置されると言う点が最大の特徴になっています。


永代供養はコストが低く管理費がかからず、宗派問わず利用することができるため、この先ますます需要が増えていくことが予想されます。