永代供養墓はどんな人が利用するのか

一度は耳にしたことがあると思いますが、永代供養墓というものがあります。


それでは、どのような人が利用するためのものなのでしょうか。

お墓参りしてくれる人がいない人や、お墓参りできない人のために代わりの人が、決められた年数の管理や供養を、寺院や霊園にお願いしています。

他にも、後継ぎがいない、子供に迷惑をかけたくない、無縁仏にならないように、などと理由は人それぞれのようです。

今、永代供養墓を希望している人が増えています。

管理・供養の期間は17回忌、33回忌、50回忌までありますが、一般的には33回忌までが多いです。

しかし、寺院や霊園によっては、管理者の続くまでとするところもあります。


個人で墓石を建てたり、納骨堂は共同で石碑や像をつくったり、納骨堂、霊廟を建てたりと、タイプがいろいろあります。



期間が過ぎると共同型墓地で供養してもらうことになります。
値段としては、依頼する期間やお墓のタイプ、供養の内容や地域によっても様々ですが、だいたい数万円~数百万円が相場のようです。
中には、管理料の未払いということもあり、そういう場合は取り消しになってしまいます。

47NEWSを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

永代供養墓を購入したら「永代供養権」を取得することになりますが、お寺の土地を借りて建てているお墓の場合は(旧来型のお墓)、土地を使用させてもらっているだけなので「永代使用権」ということになります。



これには、税金がかかりません。

お墓を守ってくれる人がいる人は、この旧来型のお墓が適しているかもしれません。